プロミスに申し込む上で気になるのが審査基準ではないでしょうか?

プロミスの審査に通らない人、申し込みしたけどダメだったと言う人は沢山いらっしゃいます。

ここではプロミスの審査基準について見ていきます。

プロミスの審査は非常に早く最短30分で結果回答も可能です。

プロミスは「審査が早いから基準は甘い」と思っている方も少なからずいるようですが、決してそのようなことはありませんので勘違いしないでくださいね。

実際にプロミスの審査に落ちたという人も沢山いますので、誰でも簡単にプロミスの審査を通過できるわけではありません。

では具体的にどんな人が審査通過でき、逆にどんな人が審査に落ちるのでしょうか?

プロミスの審査に通る人の特徴としては、「働いていて収入が安定していること」と「信用情報に傷がない事」です。

まともな会社に勤めていれば大概は収入は安定しているものですから、大体の人は収入面ではクリアしていることでしょう。

しかしプロミスの審査に通るためには収入の安定性だけでは足らず、信用情報が良好であることも必要となります。

信用情報とは個人のローンやクレジットの利用履歴のことを指し、これまで期日を守って返済できているかをチェックしています。

きちんと期日を守って返済できていれば「この人ならきちんと返済してくれる」とプロミスの担当者に判断され審査に通る可能性が高くなります。

では逆にプロミスの審査に落ちる可能性が高い人を見てみましょう。

これは上記で説明したプロミスの審査に通る人と逆で、収入が不安定だったり信用情報に問題がある人です。

働いているものの収入がない月があったり、月ごとに金額にばらつきがあるといったように収入が不安定ですと審査には通りません。

収入が安定していてもローンやクレジットの支払を期日通りにできていないような人は「この人に貸すとお金が返ってこないかもしれない」とプロミス側に判断され、審査落ちになります。

プロミスの公式サイトはコチラ

プロミスの申込から審査の流れはどんな感じ?

次にプロミスの審査の流れについて見ていきましょう。

プロミスの審査ではたったの3項目入力するだけで3秒で診断してくれるお試し審査があります。

現時点でプロミスで借入の可能性があるのか直ぐに結果を知ることが出来ますので、プロミスの本審査に申し込む前にためしてみると良いですよ。

但し、あくまでもお試し審査ですから本審査の結果を約束するものではないと言うことは理解しておいてください。

プロミスの簡易審査で問題なく借り入れ可能なら、プロミスの本審査へ申し込みをしましょう。

プロミス審査への申し込み方法は様々ですが、ネット申し込みなら必要事項を入力して送信するだけで良いので簡単です。

入力する内容は個人情報・自宅情報・勤務先情報の3点です。

プロミスの場合、契約方法の選択を取ることができ、WEB契約・来店契約・郵送契約の3種類の方法から選択することが出来ます。

家族バレを避けたいた方は、プロミスに来店して契約を選択するようにしましょう。

プロミスの店舗での来店契約は、ネットで申し込みを行い審査通過後に自動契約機で契約手続きを済ませる方法です。

その場でプロミスの契約書類やローンカードが発行されますので、自宅にプロミスからの郵送物が届かないので、家族バレの心配がありません。

プロミスのWEB契約の場合ですと、口座入金による借り入れ方法となりますので、奥さんが口座を管理している場合はバレてしまいます。

ですので注意してください。

プロミスの郵送契約ですと自宅に契約書類とカードが届きますので、これまた奥さんに開封されていまえば完全にアウトです。

プロミスの契約方法の選択を終えると申し込みは完了となります。

その後にプロミスの審査が始まります。

プロミスへ申し込みが完了すると、@申し込み完了の通知メール」が届きます。

申し込み内容確認後に一度、プロミスから電話連絡が入ります。

プロミスの場合、担当者個人名で連絡をしてきます。

消費者金融の場合は第三者へ借金している事実を伝えてはいけない決まりがあるため会社名は基本的に名乗りません。

電話では会社名の確認、現在の借入状況の確認等が行なわれます。

またこの電話の際に、審査時の在籍確認についての説明が入ります。

プロミスの在籍確認の方法は勤務先への電話連絡を取ります。

在籍確認によって勤務先の人に借金バレする可能性は殆どありませんので安心してよいです。

在籍確認が取れましたら本審査へと入り、その際、在籍確認や本人確認書類の提出を求められます。

プロミスからメールが送られてきますので、そこに記載されたURLにアクセスし本人確認書類のデータを添付しアップロードすればOKです。

審査は一次審査と本審査の2段階に分かれています。

プロミスの一次審査とは要するに仮審査のことで、申し込み内容と実際の内用に総意がないかを調べるための審査です。

信用情報機関を通して申込者の申告内容に虚偽がないかを審査にて確認します。

問題なければ本審査へと移ります。

プロミスの本審査では具体的にいくらまで貸付可能かを決めます。

ここで在籍確認を行い本当に働いて収入を得ているかを確認します。

プロミスの審査時間はどのくらい?長い?

プロミスに申し込むにあたって気になるのが審査にかかる時間です。

出来ることなら早く審査結果を知りたいですがプロミスはどうなのでしょうか?

仮に否決であっても審査結果は直ぐにわかるのでしょうか。

プロミスは審査に申し込んだその日に借り入れが可能なぐらいですから審査は基本的に早いです。

混雑していなければ30分前後で審査結果の通知が来ることも決して珍しくありません。

ただ審査申込者の属性によって審査にかかる時間は全然違います。

結果を延ばすだけ延ばして結局は審査落ちなんてこともあります。

審査申し込み者が殺到していればその分、審査は遅れがちになることも頭に入れておきましょう。

場合によっては翌日に審査結果が出ることもありますので、時間に余裕を持って申し込みしましょう。

プロミス審査の受付時間や営業時間は?

プロミス審査の受付時間や営業時間について見てみましょう。

プロミスの審査の場合ですと、営業時間が関係してくるのは店頭窓口、無人契約機、ATM、受付時間であればコールセンターでしょうか?

まずプロミスの店頭窓口営業時間ですが、平日は10時~18時が基本的な営業時間となり一部店舗のみ平日20時まで土日祝日は18時まで営業となります。

基本的には平日のみの営業となりますので店頭窓口で手続きする場合は注意してください。

次にプロミスの自動契約機での審査についてです。

自動契約機の営業時間は9時~22時で、一部店舗のみ21時までとなります。

自動契約機は土日祝日も同様の時間帯営業していますので平日は仕事が忙しくて手続きが無理という方でも安心です。

プロミスのATMは店頭窓口と自動契約機の両方に設置されています。

自社ATMの営業時間は7時~24時となります。

24時間営業ではないので7時前や24時以降に借入等をする場合はコンビニATMを利用すると良いです。

電話での審査受付時間は平日も土日祝日も9時~22時までとなります。

夜遅くまで対応してくれるのはかなりありがたいですね。

プロミスでは「瞬フリ」というサービスがあります。

これはネットから振込キャッシングを依頼し、審査通過後、指定の銀行口座へ即座に入金してくれるサービスです。

三井住友銀行とジャパンネット銀行は平日も土日祝日も24時間何時でも借入が可能です。

但し毎週月曜日0時~7時と元旦は終日サービス停止となります。

また三井住友銀行は毎週日曜日21時~翌月曜日7時まではサービス停止となります。

ジャパンネット銀行は毎週月曜日0時~7時はサービスが利用できませんので注意してください。

他行の口座ですと平日の14時までに振り込み依頼しないと即日で借りれません。

土日に振り込み依頼しても翌営業日に反映となります。

プロミスで即日融資を受ける方法は?

プロミスでは即日融資が可能です。

申し込み方法はWEB・自動契約機・電話・店頭窓口・郵送と様々な方法が用意されています。

一番早いのはWEBからですので、即日でお金を借りたいのであればWEBで審査申し込みすると良いです。

間違っても郵送で審査に申し込まないように気をつけてください。

郵送ですと時間がかかりますので、急いでいる場合はWEBまたは電話で審査申し込みがベストです。

WEB申し込みを行い審査に通過しましたら本契約手続きを行い融資を受ければ完了です。

契約の方法はWEBと来店契約の2つがあります。

WEBで契約を行い自分の銀行口座へ希望額を入金してもらう形となります。

銀行振込を希望する場合は平日の14時までに契約を完了させなければいけません。

銀行の営業時間は15時で終了となりますので、それ以降に振り込みすると翌日に反映となりますので、今日中にお金が必要な場合は平日の14時までに契約を完了させましょう。

ちなみに、三井住友銀行もしくはジャパンネット銀行の口座であれば24時間いつでも振り込みが可能です

14時以降に手続きする場合は自動契約機を利用すれば口座振り込みが無理でも即日融資が可能です。

インターネットで申し込み後、審査に通過しましたら最寄りの自動契約機へ必由書類を持参して行きます。

そこで契約手続きを行い完了するとその場でローンカードが発行されます。

後はカードを使ってATMからお金を引き出せば即日融資完了となります。

自動契約機は夜22時まで営業していますのでかなり時間に余裕を持って手続きできます。

また口座振り込みは土日祝日は対応していませんので、その場合も自動契約機を利用すれば問題なく即日で借り入れ可能です。

プロミスの審査で必要書類はなに?収入証明はいる?

プロミスの審査で必要となる書類は本人確認書類と収入証明書の2点です。

本人確認書類として認められているのは「運転免許証」「健康保険証」「パスポート」等です。

基本は運転免許証となり、持っていない場合は健康保険証かパスポートとなります。

外国籍の方は在留カードもしくは特別永住者証明書も併せて必要です。

もし現在お住まいの住所と本人確認書類に記載されている自宅住所が異なる場合は、別途書類を提出しなければいけません。

その場合は発行日から6ヶ月以内の「国税または地方税の領収書・納税証明書」、「社会保険料の領収書」、「公共料金の領収書」、「住民票の写し」のいずれかのコピーを提出します。

収入証明書は審査時に必ず提出しなければいけないわけではありません。

基本的に借入限度額が50万円を超える、他社での利用残高とプロミスでの希望借入額を合計して100万円を超える場合にのみ収入証明書を提出となります。

上記に該当しない場合は収入証明書は必要ありませんが、プロミス側で書類の提出が必要とした場合はそれに従って審査のときに提出します。

収入証明書として認められているのは「最新の源泉徴収票」「最新の確定申告書」「給与明細書直近2ヶ月分」のいずれか1点です。

ちなみに自営業の方は金額に関係なく収入証明書が必要になる可能性が高いですから必ず要しておいたほうが良いです。

会社員と違って勤務先の会社情報を調べただけでは大体の収入額を把握することが出来ないためです。

プロミスは審査で在籍確認の電話がある?

プロミスでは審査の過程で必ず在籍確認が行なわれます。

これはどの消費者金融でも原則として行なわれるもので、申し込み者が申告した通りの会社に勤務しているのか事実確認を取ります。

在籍確認は必ずありますので、審査時に避けることは出来ません。

確認の方法は勤務先へ電話連絡となります。

その為、職場の人に借金バレするのではないかと不安視する方も少なくありません。

ですがプロミスの場合、在籍確認の電話連絡では担当者の個人名で電話をかけます。

そして第三者には内容を伝えることはありませんのでバレる可能性はほぼゼロに近いです。

また本人が電話にでる必要はなく、申し込み者がその会社に在籍していることの事実確認が取れればOKです。

例えば「〇〇は只今席を外しています」といったような返答なら在籍していることを証明できていますのでこれで在籍確認は完了します。

プロミスの場合、在籍確認は電話だけでなく書類でも対応してくれる場合があります。

社会保険証、最新の給与明細、過去1年分の賞与明細、社員証のコピーなどいずれかの書類1点を提出することで電話による在籍確認の代わりとすることが出来ます。

書類で在籍確認をしてもらうには、ネットで申し込みの際は在籍確認方法の選択欄が設けられていますので「書類による在籍確認」にチェックを入れてください。

電話の場合は申込時に書類で在籍確認でお願いしたいと伝えればOKです。

プロミスの自動契約機の場合は在籍確認の方法の選択画面で「書類による在籍確認」を選択します。

但し必ずしも書類提出で対応してくれるわけではないのでその点は予め頭に入れておきましょう。

プロミスの審査は土日は可能なの?

プロミスでは土日でも審査を行っており借入も可能です。

インターネットもしくは電話に申し込み審査を受け付けています。

店頭窓口は平日のみ営業となりますので間違えないよう気をつけてください。

但し審査は可能でも融資方法は基本的にローンカードとなります。

口座振り込みは平日しか対応していませんので、その日にお金を借りるのであれば、プロミスの自動契約機にて契約手続きして、審査通過後、キャッシュカード発行してもらいましょう。

三井住友銀行もしくはジャパンネット銀行なら24時間振り込み反映されますので、お持ちであれば土日でもプロミスから口座振り込みで融資を受けることは可能です。

自動契約機の審査の営業時間は9時~22時となりますので、この時間内に手続きを完了させれば当日中にカード受け取りが出来ます。

受け取ったプロミスのカードで自社ATMやコンビニのATMにて借入が出来ます。